スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さかなにはなぜしたがない

 くまの子ウーフにあって、魚にはないものはなんでしょう…

 このお話は、魚になりたいウーフがいろいろなしゅぎょうをするお話です。

 
 魚になるのはむずかしいね。やっぱりくまが一ばんだね☆

 
 くまの子ウーフのお話はシリーズになっているので、ぜひ読んでみてください。   うーふ2
  竹中 佑花
スポンサーサイト

sakananiha

いぬうえくんがやってきた

いぬうえくんとくまざわくんのシリーズ1作目。ちがった個性の2人が一緒に暮らし始めます。いぬうえくんの哲学的なセリフにふふっと笑え、最後には心がきゅうううんとなるお話です。大人も楽しめます。りょうこ
いぬうえくんがやってきた

わたしのいちばん  あのこの1ばん

 
 登場人物の絵がおしゃれできれいです。

低学年読書感想文の課題図書に選ばれています。

いつも1ばんじゃないと気がすまないバイオレット。

友だちだけれど、いたずらをしてしまうロージー。

いたずらをしてしまっても、それ以上に良いことをすれば、心があったかくなって成長できるんだと思える本で

す。                                   平井浩美
watasi.jpg

ドングリ山のやまんばあさん

 やまんばあさんは、ドングリ山に住んでいる「やまんば」。歳はなんと296歳!オリンピック選手より元気

で、プロレスラーよりも力持ちで明るくやさしい「やまんば」なんです。

 森のなかまたちや人間たちとのやりとりがとってもおもしろく、ゲラゲラ笑ってしまいますよ。
 
 やまんばあさんシリーズで5冊あります。つぎつぎ読みたくなりますよ。  

                                      竹 中 尚 美
やまんばあさん

きょうから体育が好きになる なわとび/短距離走

 この本には,いろいろな運動ができるようになるためのポイントが書いてあります。
速く走るためのコツも絵や図を入れてわかりやすく書いてあります。
秋の陸上に向けて,4年生生以上の皆さんは読んでおくといいですよ。
                                                ちむら  
       体育の本

かこさとしの自然のしくみ・地球のちからえほんシリーズ

「山ってどうやってできたの?」「なぜオーロラはきれいなの?」
 この絵本のシリーズは、様々な自然、地球というものについて、とても分かりやすく教えてくれます。
 低学年でもOK!
 大人も「フーン」と言うこと間違いなしです。
 ちなみに、絵と文は、福井県出身のかこさとしさんがかかれたものです。
                          桂田 久美子おすすめの本

うちのきんぎょ

とっても おもしろい 楽しくなる本です。    きざき

        
うちのきんぎょ

モモ    ミヒャエル・エンデ

momo.jpg

時間どろぼうと ぬすまれた時間を人間に
とりかえしてくれた女の子の不思議な物語

昔にくらべたら みんなずっと豊かにお金持ちになったのに
みんなむかしより すこし疲れて すこしイライラしている



早く うまく 効率的に 合理的に 生きることいばかり考えて
本当に大切なものを忘れている私たち

時間どろぼうの「灰色の男たち」から時間を取り戻そうとする

少女 モモ

本当に価値のあるものは何か、いつも考えることが、彼らと戦うことだと
教えてくれる物語です。

小学校高学年向きとなっていますが
大人になって2度読み返してしまいました。

おすすめ作品です。                いわさき

ガンピーさんのふなあそび

何が起こっても動じない、怒ったりしないガンピーさん。ガンピーさんのように生きたいな。ガンピーさんのふなあそび
りょうこ

「象のさゆりさん」

「象のさゆりさん」が学校に来てから始まったいろんなドラマ。
「象の大きさ、強さ、やさしさを伝えたい」
小さな絵本風の冊子になりました。
内外海小学校の図書館にあります。

謹賀新年

新しい年です。うちどくブログの更新がしばらくご無沙汰していました。今年は、楽しい本でいっぱいになる、そんなページにしていきたいですね。

絵本とピアノ

今日、「絵本とピアノ」の会がありました。PTA研修委員会の企画で、子どもたちと親がいっしょに本を楽しむ会です。
 朗読は、入江深砂さん、ピアノは、新谷径世さんです。お二人の息もぴったりのステージで、みんな絵本の世界に吸い込まれていきました。
 「じごくのそうべえ」「のみのぴこ」「給食番長」「あのときすきになったよ」の4冊を読んでくださいました。ピアノの曲は、絵本に合わせて作曲したオリジナル曲です。音楽が入ることで、絵本がより生き生きと伝わります。
 子どもたちも、保護者のみなさんも、教職員も、絵本の素敵な時間をすごすことができました。
 保護者の皆様のご感想は、写真のあとに掲載しています。

絵本1
絵本9
絵本8
絵本7
絵本6
絵本5
絵本4
絵本3
絵本2
絵本11
絵本10

保護者の皆様のご感想

●絵本にはこういう楽しみ方もあるんだなあと知りました。普段子どもたちに経験させてあげることができないので、良い機会を与えていただき感謝しています。

●普段ぜんぜん読まない絵本ですが、読み方によってちがうんだなあということが分かりました。これから子どもと一緒に読みたいと思います。

●家で読む本とは全くちがう印象を受けました。最後に読んでいただいた「あのときすきになったよ」では、心の奥まで感動しました。子どもたちと、夜また話をしながら本を読んでみようと思います。ありがとうございました。

●ピアノと読み聞かせのコラボ、すばらしかったです。言葉と音楽で想像をふくらませ、感性豊かな内外海の子になってほしいです。

●いつもはなかなか本を読んだりしない子ですが、とても真剣に楽しそうに聞いていたので、これをきっかけに本を好きになってくれるのではと思います。大人の私にとっても、とても楽しく、よい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

●ピアノと読み聞かせのハーモニーがぴったりで、すばらしく、よかったです。ありがとうございました。

●私も絵本が大好きですが、ピアノの音楽が入ることで、本の中に入り込んで、とても楽しくすばらしいお話になっていました。もっとたくさん聞きたかったです。家でも音楽をならして一度読んでみたいです。

●普段読んでいる絵本が、全く様子を変えて、より作者の意図をダイレクトに伝えてくれるものになっていました。大きな感動をもらいました。ありがとうございました。子どもに本を読むときは、もっと感情を込めて読みたいと思いました。また機会があったら聞かせていただきたいです。

●楽しい時間を過ごすことができました。読んだことのない絵本、楽しさが倍増でした。子どもに読むときも、今日の感動が少しでも伝わるように読み聞かせできたらと思います。ありがとうございました。

●絵本は何年生になっても、大人になってもいいものだなあと改めて感じました。「じごくのそうべえ」の読み方で、いつも迷っていたのですが、入江さんの読み方を参考にやってみます。

●「あのときすきになったよ」よかったです。絵本の世界に入り込み浸ることができました。子どもたちの心にも栄養になったと思います。改めて「うちどく」について考えてみようと思いました。ありがとうございます。

●すごく楽しいひとときでした。ふだんゆったりとした心がもてなかったのですが、久しぶりにおだやかに、のんびり、ほのぼの過ごして心が温まりました。また、機会があれば聞きたいです。ありがとうございました。

絵本とピアノ

「うちどく」企画スペシャル
「絵本とピアノ」
 絵本の朗読に素敵なオリジナル曲、絵本とピアノのコラボです。
 日時 11月21日 10:30~
 会場 内外海小学校多目的ホール
 出演 入江深砂(朗読) 新谷径世(ピアノ)
 企画 PTA研修委員会
ehontopiano.jpg

よだかの星

宮沢賢治の作品の中で、この話が好きです。
よだかは、みにくい鳥です。みんなから嫌われたり、たかにいじめられたりしていました。けど、こんな自分も何かの役にたちたい、この命を燃やしたいと考えるようになってきます。よだかは、燃える太陽に向かってまっすぐに飛び上がります…    大森和良
よだかの星

フレデリック

ねずみのフレデリックは、仲間のねずみがいっしょけんめい働いているとき、岩の上にのぼって景色をながめていました。仲間のねずみは、フレデリックには何も言いません。冬になって、みんなが秋に集めた食料を食べて満腹になりました。そのとき、フレデリックはみんなに話を始めました。仲間のねずみは幸せそうな顔でフレデリックの話を聞いていました。
フレデリックは、光や色、風景やいろんなものを集めていたのです。幸せってなんだろう!って考える絵本です。
 大森和良

フレデリック

ガフールの勇者たち

ガフール2

フクロウの世界を舞台に、敵対する一味から
さらわれたフクロウたちを救う戦いに挑んだ、
伝説の勇者になることを夢見る若きフクロウと
仲間たちを描いた冒険ファンタジーです。

私の子どももはまってしまい,現在14巻目に
突入しています。        地村

まちんと

8月6日・・・・日本人にとってわすれられない広島に原子爆弾が落とされた日。
まちんと

 おさない子どもたちが,どんなふうに命をおとしたのかが書かれています。
 戦争を知らない子どもたちに,語り伝えていかなければいけない物語です。
 文は短いですが,絵でいろんなことをうったえています。ぜひ読んでください。

                    平井浩美

hirata.jpg

先ほどの記事の続きです。

ラグビーマガジンの33ページに「平田一記」参上!!

35歳以上の部、17チーム参加の中、みごと優勝を飾りました。

おめでとう!! 

           池田恵子            

ラグビーマガジン

ラグビーマガジン
全国版の雑誌です。
ビーチフットボール特集に
内外海小の事務職「平田一記」が載っています。
ぜひ探してみて下さい。

              池田恵子


オオカミグーのはずかしいひみつ

グー

 「オオカミグーのはずかしいひみつ」は,涙なしには読めません。グーはやさしいイタチに育てられたオオカミです。けれども,母親がイタチと仲間に知られることを嫌うグーは,母親に冷たい態度をとります。それでもグーのことを大切に思う母親の心を知り,グーの心も・・・。
 お父さん,お母さん,そして子どもたちに是非読んでほしい絵本です。

                         桂田

注文の多い料理店

 狩りに出かけた二人の紳士は、山奥で見つけた「注文の多い料理店」でおいしいごちそうが食べられると大喜びします。でも、このレストランの奥へ入っていけばいくほど何か変・・・
宮沢賢治の名作が童話絵本で楽しめます。
                                     竹中 尚美

miyazawakennji.jpg

日本人なら知っておきたい日本文学

日本人なら知っておきたい日本文学
これを読むと古典を身近に感じます。
古典の作者は、けっこう楽しい人だったようです。

 池田 恵子

ありがとう ともだち

Iありがとう ともだち2
 キツネとオオカミのお話です。ふたりは友だちで海へつりに行きます。友だちと海の魅力が描かれ、読み終わると大きな温かいものを感じることができます。
                                    木﨑 民恵

ひとりでできるもん!やさしいやさい料理

夏休みはお手伝いのチャンス!
夏野菜を使った楽しい簡単レシピも載っています。
ぜひお料理にチャレンジしてみてください。
                 井上千鶴子
ひとりでできるもん!やさしいやさい料理

したのどうぶつえん

 東京の上野動物園は有名ですが、ここ「したのどうぶつえん」には、ユニークな名前の動物がたっくさんいます。挿絵と動物のネーミングが、これでもかこれでもかと笑いを誘います。
 一人で読んでも楽しいのですが、親子で読めば楽しさ倍増!!です・・・
                                            竹中 尚美

本



じごくのそうべえ

この本はおもしろい。読んでも、聞いてもおもしろい。かるわざしのそうべえが、つなわたりをしていて、足をすべらせて死んでしまい、地獄の閻魔大王に会うストーリー。地獄のいろんな拷問をはねのけていく痛快な展開。結局、夢だった。息もできないほどのどきどきドラマ。
 先日、1・2年生での読み聞かせでこの本を読んだ。声色を変えて読んでいると、自分も、そうべえが体験した地獄の世界に引き込まれていく。さあ、みなさんも読んでみてください。 大森和良

じごくのそうべえ ブログ用

大きな森の小さな家

ローラ・インガルス・ワイルダー作
アメリカの西部開拓時代、全て自給自足で暮らすインガルス一家のお話。

大きな森の小さな家
ローラのお父さんは、森の木で家族の住むお家を作ります。ベッドもテーブルも いすも作ります。
余分な物は何もありませんが、「家族がいればそれで十分じゃないか! 家族が力を合わせて生きていく、こんなにすばらしいことはない」と思わせてくれます。

家族が助け合い、知恵を働かせ、どんな困難も、お父さんを中心に力強く乗り越えていくインガルス一家のどきどき、わくわくする生活をたっぷり味わってみてください。

シリーズ2巻、3巻もおすすめ。2巻は大草原に、3巻は川岸にお家を建てて暮らします。1巻進むごとに、困難なことが大きくなっていきますが・・・。                  山根亮子

ヒックとドラゴン

手に汗にぎる怪物ドラゴンとのたたかい!
                             
数百年の眠りから覚めた凶暴な怪物ドラゴンを
 ヒックは,倒すことができるのか……?

 ヒックは、ごく平凡な少年バイキング。特技は
 ドラゴン語を話せること。そんなヒックが、ちょ
 っとわがままなチビドラゴンと出会い、力を合わ
 せて巨大な怪物ドラゴンと戦うことに…。ヒック
 は、凶暴なドラゴンを倒し、バイキングのヒーロ
 ーになれるのか…。                                      
                  地村 健一

ヒックとドラゴン表紙



ココロ屋

IMG_0719平井
 目には見えないココロ.自分のことが嫌になってしまったひろき君は、ココロ屋でココロを入れ替えてもらうけれど、次々事件がおこってしまいます。最後には、天然の自分のココロの良さがわかって、元に戻して、自分のココロを育てていこうと決意するお話です。人のココロって、いろんなココロがあって、納得できる本です。
                                       平井 浩美

プロフィール

Author:uchitomi
子どもたちといっしょに「うちどく」に取り組みます
内外海小学校PTA

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。